外壁塗装

外壁は、日々日差しや風雨に晒されている部分。私たちの生活を外側からしっかりと守るために、強く・丈夫に作られています。
そんな外壁の耐久性を高める一つの手段として施されているのが“塗装”です。

強い塗膜を形成し、外壁部分をしっかりとコーティング。雨水や紫外線から外壁を守ります。
しかし、そんな塗装にも耐久年数があるため、定期的に塗り替えを行わなければなりません。
7年~10年を目安に、塗り替えを行うようにしましょう。
塗り替え時期を逃してしまうと、たちまち建物の劣化が進み、家の寿命が縮まってしまいます。
大規模な工事を要する前に、塗装で小まめにメンテナンスをするのが賢明です。

▼あなたの家は大丈夫!?塗り替えのサイン

□ チョーキング(触ると白い粉が付く)
白い粉が手につくのは、塗料が紫外線によって分解され、粉状となってしまったため。
この現象が見られたら塗り替えのベストタイミングです。


□ 全体的に色褪せている・黒ずんでいる
色あせは塗料の光沢感がなくなっている証拠。
外壁の汚れは、塗装のコーティング効果が切れ、汚れをはじくことができなくなっている状態です。


□ 窓枠から流れ出たような錆び汚れがある
錆び汚れは、サッシなどの金属部品が錆びて劣化しているために起こります。
ケレン作業を行い錆び止め塗料を施す必要があります。


□ 緑色の汚れがある(コケ・藻の発生)
湿気を好むコケや藻が発生しているのは、外壁の含水率が上がってしまっているから。防水・抗菌効果が切れています。


□ 外壁にひび割れがある
大きなひび割れはもちろん、髪の毛レベルの小さなひびも要注意。
どんなに小さな隙間でも、その裂け目から雨水や湿気は容赦なく入り込みます。


□ 目地やサッシのシーリングが痩せている・ちぎれている
塗膜だけでなく、シーリングの劣化も見逃せません。劣化していれば打ち替えを行う必要があります。

一覧ページに戻る